プラン内容

カップルで着物体験を楽しむ!二人の思い出におすすめプランです!!

女性男性
カップルプラン
5,000円(税抜)

このプランは京都にカップルで観光に来る人におすすめのプランです。

通常お一人様で着物をレンタルするよりもカップルで着物レンタルすることで約30%割引になるプランです。

着物で散策する上の全てのものがプランの中に含まれています。

手ぶらで来ていただければそのままカップルで京都をすぐに散策体験できるおすすめプランです。

女性は約200着の着物から、男性は身長に合わせてお好きな着物をお選びいただけます。

カップルで着物レンタルしませんか。

ロマンチックな京都のデートを着物体験で楽しんでください★

カップルの方はこちらも参考に楽しんでください。

※プランの中に足袋は含まれています。

※こちらのプランは男性女性のカップル限定です※

※別オプションでヘアセットもご利用になれます。

ご予約はこちらから

京都着物レンタル。カップルプラン | カップルに合う着物の組み合わせ

デートの際の服装というと、みなさんはどんな意識で選ばれるでしょうか?
お洋服を選ぶ時に頭を悩ませるのは、自分に似合うのかということはもちろん、自分をどう演出したいかというところでそれに合う服をみつけるのに苦労するものですね。
そうですね、苦労しますね
鏡の前で時間ぎりぎりまでああでもないこうでもないと服を着ては脱ぎ、着ては脱ぎを繰り返 し、全然決まらないどうしようと困った経験はみなさんあるはずです。
カップルで着物を選ぶ場合、大切なのはお二人の調和です。
調和ですか?
そうなんです
写真写りやお二人並ばれた時などを考えると、お二人の釣り合いを意識するとお互いに引き立て合ってより見栄えが良くなります。
それをふまえたうえで、女性は華やかで清楚な雰囲気を意識してコーディネートするとよりデート向きになるでしょう。
ふむふむ
男性は女性を引き立てるように意識して、あまり派手にならないように注意しましょう。
そうすることでお互いに引き立て合って、釣り合いのとれたカップルのコーディネートになりますね。
お二人の華やかで上品な装いが、京都の町並みにもフィットすることでしょう。
具体的にどのような着物のコーディネートがカップルの方におすすめか、いくつかの写真を例にみていきましょう。
染匠きたむら
こちらのカップルのようにお二人同じような着物の色で合わせると、いかにも仲が良さそうに見えて微笑ましくなります。
そうですね
淡い色で柄がうるさくないのを選ぶと涼しげに見えますので、暑い季節なんかにはおすすめです。
着物は柄や生地などで季節を限定するものがあります。
柄もなんですか?
そうなんです、柄もなんです
はっきりした定義があるわけではありませんが、色味や柄の大小で暖かそうとか涼しげとか季節感をだすこともできます。
京都でカップルで着物を着る場合、お二人の季節感を合わせることも大切になってきます。
男性は羽織なしの着流し姿ですが、それがまた女性の涼しげなコーディネートと良く合っていますね。
このように暑い季節は、男性は羽織を着用せず着流しで着てもOKです。
帯の色が、女性はピンク、男性は水色と、それぞれ女性らしさ、男性らしさをひかえめに主張していてお二人の姿がとても調和のとれたものになっています。
まるで古い映画のワンシーンのようにステキですね。
そうですね
asoview
こちらのカップルのコーディネートは先ほどとは逆に、お互い着物の色が反対を選んでいます。
本当ですね
男性が無地で女性が矢絣柄の小紋ということで柄のあるなしでいっても対照的です。
そうすることでお互いに引き立て合っていますね。
女性は着物の柄が矢絣と古典的な雰囲気ですが、男性は着物(長着といいます)と羽織を同色にすることでこちらも落ち着いた印象になり、お二人の調和がとれています。
ふむふむ
男性は羽織留めを数珠タイプにすることで、そこまであらたまった感じがなくてデート向きでおすすめです。
女性は帯を白の単色にすることで上品なコーディネートになっています。
このように全体で使う色の色数を抑えめにすると上品になり、落ちついた雰囲気を出したい方にはおすすめです。
色数を抑えればいいのか~
上品にしたい場合はそうですね
大きなお店の若旦那と良い家柄のお嬢さんのデートという感じで、お二人の雰囲気がとてもマッチしていますね。
こんな感じで、私は「武家娘風」にするからあなたは「浪人風」でいってね。
とか、「町娘風」にするから「商人風」にして。
と、コスプレ感覚で良いのであらかじめ設定を考えておくと雰囲気が合わせやすくなります。
特に京都で着物をカップルで着ればそういった設定にぴったりの場所が多くあります。
こうするとコーディネートに物語性も出て、京都の町歩き体験が一段と楽しくなります。
なるほど
京都・嵐山着物レンタル
こちらのカップルもお二人の着物と雰囲気がとてもよく合っていますね。
女性は水玉の着物に同系色の縞の帯でベレー帽を合わせて個性的でおしゃれなコーディネートです。
それに対して男性も、着物(長着)と羽織の色を変えることで軽やかになり、さらに羽織に縞の柄が入っているのでおしゃれな雰囲気が出ています。
ふむふむ
男性はこのように柄のある着物を選ぶと個性的になるのでおすすめですね。
写真の男性は柄があるといってもひかえめなので、全体的な雰囲気はどちらかというとまじめな印象で、かけているめがねと良く合っています。
女性のほうも、個性的ではありますが、着物が小紋ということと色が落ち着いたグリーンと白のみなので、全体としては落ち着いた感じのコーディネートになっていて、男性のまじめな印象とマッチしていますね。
ふむふむ
ベレー帽や手袋、めがねなど、ご自分の好みの小物を持って来て頂いて、選んだ着物にそれを合わせてカップルでコーディネートすると自分らしさが出るのでそれも良いですね。

まとめ

着物を着ると、袖に振りがあったり、裾が大きく広がらなかったりと、体の動きが普段より制限されます。
そのため、少し離れたものに手を伸ばす際はもう片方の手で振りを押さえなければいけませんし、移動の際は普段より小股で歩く必要があります。
つまり、自然と所作が女性らしくなるのです。
そういった理由から女性らしく見えるんですね
洋装のときとはまた違う、女性らしい立ち居振る舞いのあなたを、彼はもとよりあなた自身も 発見できる機会というわけです。
清華やかで楚な雰囲気というのは洋服でいうとクラシカルなドレスをまとっているようなものです。
そんな服装でデートをする機会はなかなかありません。
せっかくの京都に来るからこそ着物もレンタルしますしそういう雰囲気も楽しめます。
ぜひ、立ち居振る舞いにも気を配ってみて体験してみて下さい。
彼のほうも、ご自身も一緒に着物を着ることで、着物を着たときの着心地、動きの不自由さを 共有することになります。
京都で着物を通じて同じ想いを共有することは、お二人の中でなかなか得難い体験として、思い出に残るものになるのではないでしょうか。
残りそう~~~~
ご予約はこちらから
※Share it (^^) /※Share it (^^) /※Share it (^^) /※記得分享哦(^^) /※Share it (^^) /