【これで安心】着物のサイズのはかり方。太めの人が選ぶ際の注意点

京都で着物レンタルをする場合、着物のサイズは着付けしてくれるお姉さんが教えてくれますが、自分で着物のを通販とかで買うとなると知っておかないとサイズ違いのものを買ってしまいます。

目安となる着物のサイズの測り方

京都に来て着物レンタルするときは心配ありませんが持ち込みプランを希望している人は是非、このコンテンツは参考にしてください。
着物を美しく着る時に一番大切なのは、その着物が自分の体型に合っているかということです。
着物でいう、「サイズが合っている」というのは、
  • おはしょりがとれている(*着丈がちょうど良い)
    *着丈とは、着物を着たときの首の付け根から裾までの着物の長さです。
  • 袖が長過ぎたり短すぎたりしていない(手首のくるぶしがちょうど隠れるくらいがベスト)
  • 身幅がちょうど良い(着付けた時に、上前身頃の褄下が下前身頃の脇にぴったり重なる状態)
こういう状態のことをいいます。
へ~~~
なので自分の体型にあった着物を探す場合、目安となる着物のサイズの測り方は、着物の部位の以下3カ所のサイズをみます。(部位名は下図参照)
  • 身丈
  • 身幅(前幅+後幅)
この3つが体に合えば、きれいに着物が着て頂けます。
京都うさぎ堂
そうなんですね
では、身丈(みたけ)、裄(ゆき)、身幅(みはば)の自分のサイズの出し方を見ていきましょう。

身丈

自分の身長

真っ直ぐに立った状態で腕を体から45度離します。

この時の首のうしろの骨から肩までと、肩から手首のくるぶしまでの長さを足したものが裄の長さ(裄丈)になります。

着物屋くるり

身幅(前幅と後幅)

自分の腰回りで一番太い所を測ります。(ほとんどの方がお尻部分が一番出ていると思いますので以下ヒップサイズと記します。)

ご自身のヒップサイズの数字が出たら、次の計算式にそれをあてはめます。

  • (ヒップサイズ÷2)−23cm=前幅
  • (ヒップサイズ÷4)+5.5cm=後幅

例えばヒップサイズが90cmの方は、

  • (90÷2)−23=22
  • (90÷4)+5.5=28

となりますので、前幅は22cm、後幅は28cmとなります。

ちなみに着物のサイズをいうときにという単位を使いますが、こちらは大工さんなんかが使う曲尺(かねじゃく)とは違う鯨尺(くじらじゃく)というもので、1尺=10寸=37.8cm、つまり1寸が3.78cmとなっています。
着物のサイズを見るうえで予備知識程度に知っておくと良いですね。
雑学ですね
以上の部位のご自身の数字をおぼえておくと、自分のサイズに合った着物をみつける際の目安になりますので、ぜひ参考になさってください。

ここまでのまとめ

前半では
  • 目安となる着物のサイズの測り方
をお伝えしました。着物レンタルに行く人は心配ありませんが、自分で着物を着る人は注意しましょう。

サイズ直しが必要な範囲と許容範囲

では、着物を着るうえでサイズが合わなかった時にはどうすればよいのでしょうか。
着物レンタルでは着付けしてくれる人がいるからサイズが合わないことはないですね
そうですね、自分で着たり選ぶときですね
着物は「お直し」といって、合わない箇所をほどいてそこだけ仕立て直すことができます。
着物は反物と言って、細長い長方形の布地を余す所なく使って仕立てていくので、仕立てたい寸法に対して余った部分を縫い代として大めにとっておくのです。
そうすると、後で体型が変わったときなんかに、ほどいて縫い代から布を出して仕立て直すことができるのです。
自身の着物を持ち込んで着付けする人は少しサイズが変わっていても大丈夫ですね

こんな場合はお直しか工夫が必要

  • 身丈が短くておはしょりがとれない。
  • 身丈が長くておはしょりがたくさんとれてしまう。
  • 裄が短くて手首が全部でてしまう。
  • 裄が長くて手の甲まで隠れてしまう。
  • 身幅が大きすぎて裾をたくさん巻き込んでしまう。
  • 身幅が足りなくて前が少ししか合わさらない。
とはいっても着物をほどいて仕立て直しするとなると専門の方に頼むなどちょっとおおごとです。
サイズの合わない着物でも、着付け方の工夫などで少しなら対応できます。
目安としては
 
  • 身丈‥±5cm
  • 裄‥±3cm
  • 身幅‥±5cm
この範囲を超えているようならお直しを検討したほうが良いと言えます。
なるほど
この範囲の内で自分ができる工夫としては、以下のようなものがあります。

自分でできる着付け時の工夫

身丈が長い場合

腰紐の位置を上目にして、おはしょりをおおめにとります。

身丈が短い場合

腰紐の位置を下目にして、おはしょりを少なめにとります。

裄丈が長い場合

衿幅を狭くすることで裄の長さを短くできます。

裄丈が短い場合

衿幅を広くとることで裄の長さを出すことができます。

身幅に関しては工夫でどにかできるものではないので、自分のサイズからの差は±5cmにとどめ、あまりにも大きすぎたり小さすぎるようだとお直しをするほうが賢明です。
太ってないことを祈りたいです

太めの人が選ぶ注意点

太めの方が着物を選ぶ際の注意点としては、

身長よりも自分の一番太いところのサイズに合った着物を選ぶこと

これがなにより大切です。
身長はおはしょり部分で着丈を調節することができますが、身幅が足りないと前が合わさらなくて着る事自体できません。
ふむふむ
自身の一番太いところのサイズを把握して、それに合った着物を選ぶようにしましょう。
ではタイプ別の注意点をみていきます。

下半身太りの方

女性の方で一番多いのはこちらのタイプです。
はぁ⤵
お尻から股にかけてが体の一番太い所になります。
お尻よりも両太もも回りのほうが太い場合、そちらのサイズを参考にするように注意しましょう。
立っている時と座っている時のお尻回りの大きさが違うので、着物を羽織って前を合わせてから一度椅子に座ってみると良いでしょう。
このとき前の合わせが開いてこないものを選ぶようにします。

お腹が一番太い方

年配の方に多いのですが、お尻よりもお腹回りの方が出ている方は、お腹回りのサイズを参考にします。
帯も長めのものを選ぶように注意しましょう。

上半身太りの方

上半身の肩回りが一番大きいという方は、裄丈の長い着物を選ぶように注意しましょう。
肩の厚みで、着付けた時に生地が持ち上がって裄が短くなるので、ご自分の裄のサイズよりも長めのものを選ぶようにします。
裄が長いと着物の身幅も大きくなるので、下半身の着物が体に巻きすぎて歩きづらいといった場合は多少裄が短くても身幅のあったものにするほうが良いです。
その場合衿幅を広めにとって着付けることで裄の長さを調節できます。

何号サイズが1番きれいに着こなせる?

着物にはプレタ着物といって、仕立て上がっている状態のものがあります。
それには洋服のように対応する身長や各部位のサイズで S、L、Mなどの決められたサイズがあり、メーカーによって若干の差はありますが、おおよそ似たようなサイズになっています。
下の表はその一例です。
SサイズMサイズLサイズ
対応身長150~158cm155~163cm160~170cm
対応ヒップサイズ~92cm92~96cm96cm~
背丈(背から)155.5cm(410)160cm(422)165cm(435)
裄(ゆき)64.5cm(170)67.5cm(178)69.5cm(183)
袖丈49cm(130)49cm(130)49cm(130)
袖幅33cm(87)34cm(90)35.5cm(93)
後幅28.5cm(75)29.5cm(78)30.5cm(80)
前幅23cm(60)24cm(63)24.5cm(65)
褄下(つました)79.5cm(210)83.5cm(220)85.5cm(225)

( )内は尺です。

ただし洋服のサイズがMだからといって着物もMが合うとは限りません
着物はサイズが大きい分には多少合わなくても着付けることができるので、少し大きめに作ってあることが多いからです。
ふむふむ
では、どこのサイズをみれば良いのかというと、それは身幅のサイズです。
みなければいけない身丈、裄、身幅のうち、身長、裄は着付けの際にいくらかは調節ができるのに対して、身幅は足りないと直しが必要になってきておおごとです。
身幅が大きすぎても着崩れの原因になりますので、できるだけ身幅はぴったりのものをえらぶようにしましょう。
なのでどのサイズが一番きれいに着こなせるかというのは、自分の体のサイズ、特に身幅のサイズを知って、それに合った着物を選ぶことが一番きれいに着物を着こなせるということなのです。
参考にします!

ここまでのまとめ

後半では
  • 太めの人が選ぶ注意点
  • 何号サイズが1番きれいに着こなせる?
をお伝えしました。
着物を着るときは少ないのでわからないことがあるかと思います。そんな時は参考にしてください。
ご予約はこちらから
※シェアしてね(^^)/※Share it (^^) /※記得分享哦(^^) /※Share it (^^) /